石川氏:私は次に何をやるかどうかは決めてないです。
だけど、「雇われ社長」ってすごく気に入っているんです。今や、企業のサラリーマン社長って全権を持てるじゃないですか。しがらみとかが随分少なくなっている。
その分スピードが求められる。だから、雇われている方が好きなんですよ。そしてまた次の「雇われ社長」にバトンを渡してあげたい。

友添氏
: 社長業を終えられた後はどんなことをしたいと思われています?

石川氏
:私、起業する気ってほとんどないんですよ。次もぜんぜん関係ないマーケットで、また雇われ社長とかやれたら楽しいかなと思っています。企業は自分で作ろうと思ってないですね。もしくは、アメリカンフットボールの監督とか、貯金の許す範囲での喫茶店のマスターとか(笑)。
一人で何かをやるか、雇われ社長か。自分で仲間を募って、それを株式会社化してとかは、あまり思わないですね。