石川氏:僕は、新しいことを考えるのが好きじゃないんですよ。正確に言うと全く新しいものをゼロから考えるのっていうのが得意じゃない。
むしろ嫌いとも言えます。子供のころから、白い紙をもらって「自由に書いて」って言われても全然面白くなかった。
どちらかといえば写生大会が好きでしたね。上手く書くこととか、よりよくしていくことにこだわるのが好きなんですよ。

友添氏:極めていくのが好きなんですね。

石川氏:そう。仕事でも、「何か新しいことを考えろよ」みたいに言われるのって、えらく困ってしまうんですよね。マーケティングでもしようかなと思って本読んだりしても、全然喜びが沸かない。
それより既存のモノを良くしていくとか、より研ぎ澄ませて、次の仕掛けを打とうとかを考える方が大好きでね。だから自分で雇われ社長が向いているなと思うんです。