これらすべてを兵士が行い、敵陣営の急所が見えれば、敵将に「一騎打ち」で切り込みを行い勝利の旗を揚げることができるのではないでしょうか。また、これらすべては経営支援型グループウェアでは実現可能なのです。 社長の経営判断を全社員にタイムリーに伝え、スピードと、モチベーション、ベクトルを経営者と同じに保ち続けることは、小規模な企業でさえ容易ではありません。ましてや大企業ともなると、会社の経営方針も社長の顔さえもよくわからないという社員が少なくないのが現実です。そんな中、企業規模に関わらず、社長から末端の社員までが同じ情報、文化、ナレッジを共有できるツールは他にはないといっても過言ではありません。作業効率ももちろん大切ですが、最終目的は売上利益につながることです。会社によって経営戦略が違うのと同じように、グループウェアでも経営者を支援できる戦略を盛込めるのです。
貴方の会社のグループウェアは売上利益を最終目標にできるものですか?