人気の体重計をおすすめサイトで探してみたが

皆さんダイエットやボディメイクを思い立ってジムに通ったりウオーキングやランニングを始めて見たけど数日で思ったより体に変化が現れず、モチベーションが下がってしまうこと多くありませんか?

私も、今年に入ってジムにまめに通うようにしてるのですが、初めてすぐは筋トレの効果が胸や腕のあたりには出始めたのですが、腹の周りがどうにもだらしないままでモチベーションが下がり初めています。

そこで、モチベーションを少しでもあげれるように体の変化を精密に測定して効果のほどを記録する事で進歩を実感してモチベーションを上げてみようと思い、精密に測定できる体重計の購入を考えました。

人気の体重計をおすすめサイトで探してみました

体重計を購入するにあたり、自宅にはかなり昔に購入したWithingsの初期型の体重計があります。
この体重計はWifiで接続してネットを通じてアプリで表示されるだけで無く、twitterなどに自動投稿する事もできます。

昔は体重計に乗るたびに自分の体重と体脂肪をTwitterで公開すると言った思い切った方法でまわりからの反応で自分のモチベーションを上げるという恐ろしいやり方をしていました。

またこの体重計を使おうかと思ったのですが古すぎたのと、WithingsがNokiaに身売りしたためファームウエアが更新されず再度設定しようとしてもうまくいきませんでした。

Withingsの新型を購入するのもありなのですが、さすがに外国製という事もあってWithingsの体重測定は結構アバウトです。

精密測定という感から考えるとちょっと信頼性が低いので国産のTOPブランドの製品を検討してみました。

体重計で国内TOPブランドはやはり、オムロンとタニタが精密という私のニーズにはあっている用に思います。

オムロンとタニタのサイトを見てみるとWithingsに比べるとかなり精密に測定できそうな商品があります。

とくに気になったのはタニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-801です。

機能的には私のイメージしていた精密測定という条件ではまったく問題無いのですが、念のためにAmazon等で口コミを読んでみると大きな欠点に気がつきました。

オムロンもタニタもスマフォアプリにデータ−を送る機能はついているのですが、Withingsと決定的に違うのがWifiを使った連携とBluetoothを使った連携の違いです。

WithingsはWiFi接続なので家で体重計に乗るだけでインターネットを介してクラウド上にデータが保存され、何時でもアプリで体重の変化を細かく確認する事ができます。

それに比べてBluetooth連係は体重計に乗るときにいちいち携帯電話を近くに持っていって体重計に乗る必用が有ります。

家でシャワー浴びてすぐに体重計に乗るとか、朝起きてトイレ行ってからすぐに体重計に乗るとか・・・そんな利用方法が私の利用パターンなので自宅でいちいちスマフォを持って体重計に乗りにいくなんて。

どうしてオムロンやタニタの開発者はBluetooth接続なんて方法を選んでしまったのでしょうか?

もう少し詳しく調査してみてからどれを購入するかは決定する予定ですが、 Withingsの新型を購入して精密さより使いやすさを重視することになりそうです。

 

 

この記事は如何だったでしょうか?

おすすめ記事

-

© 2020 tomozoe.com