[道_eyes]

tomozoe.comで伝えたいこと

tomozoe.comで伝えたいこと

今や、Webを通して個人をより多くの人に知ってもらう方法は一般的なものとなりました。 ただ、色々な個人サイトを見ていると、自分の伝えたいことを一方的に書き連ねるというものが非常に多い気がいたします。 この度tomozoe.comを立ち上げた理由といたしましては、そんな一方的なコミュニケーションではなく、双方に有益となるコミュニケーションの場を設けたいと思う気持ちが今更ながら強くなってきたからでございます。

私が経営者となってから10年が経ちます。 資金繰りに苦しんだ時期、人を上手くまとめられなかった時期、事業そのものが失敗に終わった時期もございました。 そんな新米経営者だった私も今では様々な人に支えていただき、ようやく本当の意味のスタート地点まで来ることができました。 そんな私のIT業界に従事する立場、また、一経営者としての立場から、可能な限り私自身で体験して得た情報や教訓を紹介していきたいと思っております。

また、“「人」を通して「感動」を得る”を信条にやってきた今までの10年間を通して出会った人との体験や新たな発見などを、毎月変わるテーマに沿ってこの「道」と「談」のページでご紹介していきたいと思っております。

このように、友添というフィルタを通して様々なことを表現してゆくことで、「読者の皆さまに感動をお伝えする」ことを私の目指す最高の成果とし、また、友添、サンスイ、CHINTAIグループを支えてくださる皆様に、安心・信頼・期待を感じて頂くために、私の想いを込めて創りあげていきたいと思っております。 いずれにしても、経営とは“「人」を通して「感動」を得ること”だと私は考えます。

その信条に基づき、Tomozoe.comでは、登場する「人」や今まで出会った「人」について読者の皆様に「感動」をお伝えするということを最高の成果だと捉えて作って行きたいと思います。 記念すべきvol.1を読んでくださった皆様、Tomozoe.comはいかがだったでしょうか? Webサイトはその発信者と読者を瞬時にしてつなげるツールなので、皆様からのお便りを随時お待ちしております。 Tomozoe.comをどうぞよろしくお願いします!

経営とは「人」を通して「感動」を得ること

この記事は如何だったでしょうか?

おすすめ記事

-[道_eyes]

© 2020 tomozoe.com