マドリッド

昨日7月4日は私の誕生日だったんですが、昼前に飛行機に乗り、パリ経由のマドリッドでマドリッド到着時にはすでに日が変わり7月5日になっていました。

スペインでは夏休みが3ヶ月もあり、金曜の夜と言うこともありますが夜中の1時をまわっていても子供を連れて歩いている親子連れがあちこちにいるし、道ばたのバーでは酔っぱらいが相当盛り上がっていて、ホテルに入っても明け方まで外の騒ぎの声が聞こえてきていました。

翌朝、ホテル周辺をぶらぶらと探索していて生ハムの専門店を見つけました。

さすがに豚の足が丸ごと天井中にぶら下がっている景色は相当のものですね。

イベリコ豚のベジョータはさすがに高いですね!日本に持ち帰りたいと思いますが、日本には生ハムは持ち込めないそうで残念です。

その後、美術館でプラド美術館でゴヤ展をみてから世界一古くから同じ場所でレストランをやっているというギネス認定の店で昼食に子豚の丸焼きを食べました。

生まれたての子豚を食べるのはちょっと・・・・・って感じですがとてもおいしかったです。

プラド美術館

昼食を食べたギネスに載ってるレストラン

そのレストランの窓の向かいがホテルなんだと思いますが、ちょうどその夜はマドリッドでゲイとレズのパレードがあるそうで、町中にゲイがあふれていたのですが、向かいのホテルにもゲイのカップルが泊まっていて窓際にたって裸で電話をしている姿があまりにも食事中に正面に見えるもので、皆で爆笑しておりました。

夕方にはマドリッドを離れスペインの新幹線AVEに乗って今回の旅の目的地、サラゴサに向かいました。

AVEは時速300Kmを超す最高速で走る鉄道ですが、シートはレカロタイプで普通席とビジネスシートの差はシートは全く同じで食事等のサービスが付くか付かないかの差があるだけでした。

窓からの景色は殆どこんな感じです。

サラゴサ駅

この日はサラゴサ到着後、明日に備えて早々に眠りに入りました。

 

この記事は如何だったでしょうか?

おすすめ記事

-

© 2020 tomozoe.com