農業塾 ハウス内の準備

農業塾2回目の本日は午前中座学で「土づくりの基本」について学び、午後は前回トマトを栽培の後片付けをしたビニールハウスを耕して畝をつくり、次回ほうれん草の種を植えれるように土の準備をしました。

土づくりの基本

土って何から出来てるか知ってますか?

農業において最も重要なのは「土づくり」です。

美味しい作物を作るために重要な良い土(土壌)をつくるためには、

  • 土壌の化学性
  • 土壌の物理性
  • 土壌の生物性

これら良い土をつくる3要素を整える事が土づくりのアプローチになり、土壌が作物を生産する能力の総体は

「地力」と呼ばれます。

地力とは

作物の生育に必要な水分や養分の供給能力を表す「土壌肥羊沃度」という用語もあるが、地力とは、より直接に耕地の作物生産力そのものを指す言葉であり「地力増進法」では「土壌の性質に由来する農地の生産力」と定義されている。

地力の構成3要素

それでは地力を構成する3要素について詳しく学びましょう。

化学性

作物への養分供給力のことであり、下記の様な内容が含まれる。

  • 土壌が適切なpHであること
  • 栄養分が利用可能な形態でバランスよく含まれていること
  • 肥料養分を吸着できる能力(補肥力=陽イオン交換容量)が高いこと

物理性

根の育成にかかわる環境のことであり、下記の様な内容が含まれる。

  • やわらかな土壌が必要な厚さで存在すること(有効土層の深さ、表土の深さ)
  • 適度な水分保持力と排水性を持つこと

生物性

  • 土壌生物の多様性
  • 土壌微生物の活性
  • 有機物の分解力
  • 病害虫への耐性