iPhone4の機能評価

本日iPhone4が発売開始

友人の携帯電話SHOPの社長さんにお願いしておいたので無事初日にiPhone4を手にする事が出来ました。

○川さんありがとうございます!

 

さて、iPhone4を手にした感じは・・・

確かに薄い、そして両面ガラスで仕上がっているのでとても光沢があり綺麗である。

しかし、その分私の手が油っぽいのか?

触る所、触る所跡が残るので几帳面な人は絶えず布で拭きたくなりのでは・・・

これだけ綺麗なのだからケースに入れずにそのままスマートに持ちたいものだが、どうやら角から落下すると結構簡単にヒビが入りそうである。

このiPhone4の外観からして、まだ実物は発売されて無いので、見てないから断定は出来ないが、私的には白のタイプの方が格好良いのでは無いかと思う。

iPhone4のホワイトの発売はどうやら7月の後半からとの発表が出ているようだ。

以前、ホワイトが爆発的に売れ、ブラックの在庫が余った事からこの様な戦略を取ったのでは無いかと噂されているが、きっとそうでしょう。

特にMacフアンに取ってはやはりホワイトが本命でしょうし・・・

 

機能面で大きく変わったところは、携帯電話の世界ではガラパゴス化している日本を見習ったのか、従来の背面カメラに加え、全面カメラを追加したのと、白色LEDのフラッシュが背面に装備された事、そして解像度が5メガピクセルになり、その5メガピクセルのカメラ性能を十分に活かせる960×640ピクセル解像度326ppiであろう。

確かに綺麗である。

 

そして今まではEziSnap Z等のアプリを使わないと出来なかったデジタルズーム機能も標準で装備された。

これらは非常に満足できる機能である。

ついでにTV電話機能も付いた様だが、残念ながらTV電話で話さないといけない必要性が殆ど感じられないのであまり興味はありません。

将来的にポリコムのTV会議に直接iPhoneから簡単にTV会議機能で参加が出来るようになれば、ビジネスシーンでの活用は劇的に増えるでしょうね。

マルチタスキングの機能は数日前から3GSのOSをバージョンアップして利用していますが、便利は便利なんでしょうが、なんせこの画面サイズなのでPCでのマルチタスキングの様に活用している感覚は無いですね、iPhone4で、複雑な映像処理を、バックグランドで処理させながら他のアプリで何かをやるっていう様なシーンもあまり無いでしょうし。

でもホームボタンをダブルクリックしてしたのメニューを出して聞いてる音楽を変えるとかの機能は非常に便利になったと思います。

ジャイロ機能には結構興味があるのですが、まだこのジャイロ機能をフルに活かす事の出来るようなアプリが出ていないようです。

Gun Rangeと言うゲームがiPhone4のジャイロの機能を使ってるゲームだと言う評判を聞いて、早速購入して試して見ましたが、それほどすごいとは思いませんでした。

早く、このジャイロ機能を(振る活用)出来る様なアプリが出てくるのが楽しみです。

そんな感じで半日ほどiPhone4をいじって見ましたが、特に目新しい機能があるわけでも無く飽きてきたのでiPnoe4発売にappleが合わせて発売開始したiMovieを購入してみました。

こまかい編集は出来ませんが、出先でiPhone4にて録画したビデオを簡単にフリップを付ける等して、友人に送るのにはとても便利なアプリですね。できればもう少し多くの編集機能が欲しいような気もしますが、シンプルなのでこのままでも十分かも知れませんね。

この記事は如何だったでしょうか?

おすすめ記事

-

© 2020 tomozoe.com